モンテッソーリ教育ってどんなお子さんがその教育に適しているのでしょう

>

モンテッソーリとは

子どもの発達モデルに元ずいた教育方法。

子どもの発達モデルに沿った教育方法が決められています。
それぞれの目標は次の通りです
・出生~6歳までの第一段階では、吸収心・正常化・敏感期
・6歳~12歳までの第二段階では、身体的精神的な変化
・12歳~18歳までの第三段階では、思春期と青年期の身体的、精神的変化
・18歳~24歳までの第四段階では、モンテッソーリの記録がなく、この段階では完全に文化と科学を受け入れる準備ができていると考えられており、経済的な自立が目標と考えられています。
これらそれぞれの発達段階に沿って、その時々で必要な情報を与えていくことによって、子どもが飛躍的に自立し、成長すると考えられているため、これらを目標に定めているようです。

第一段階に挙げられる敏感期が重要

人間が物事を吸収するのに適している時期を敏感期と考えてこの教育は進められます。
その敏感期の目標は0歳~6歳が言語の獲得、1歳半~3歳が小さいものへの興味、0歳~4歳が五感の洗練、2歳半~4歳が社会的なふるまい、3歳~6歳が「正常化」と名付けられた心理状態にあるといわれています。
発達上の必要を満たす為の活動への執念と、集中から生まれるもので、集中力と自発的な規律、継続的に楽しんで行う行為、他者を援助する社会的感情と他者への思いやりが、敏感期に鍛えられます。
こうしてみると、長い人生の中でたったの6年でなんと多くのことを学習し習得しているのかと我ながら感心します。
筆者にも幼稚園に通う子どもがおりますが、日枚に大人に近づく子どもを見ていて自分の吸収力のなさに情けなくなっていましたが、こうして調べてみると大人になった今ではその吸収力は落ちていて当然…と、少し諦めが付きました。